前へ
次へ

クレジットカード現金化の利用金額と手数料の関係

クレジットカード現金化というサービスを利用するなら、手数料は支払う事になります。その手数料は、クレジットカード現金化の利用金額との比例関係があります。それだけに多くの現金を確保したい時は、クレジットカード現金化はおすすめという声も多いです。例えば利用金額が13万円の時は、換金率は80.0%だとします。ところが利用金額が27万円なら換金率は82%であり、38万円の時は83%といった具合です。申し込み金額が高くなれば、クレジットカード現金化の手数料も低く抑えられる訳です。それを考慮すると、やはり金額が大きい時はクレジットカード現金化はおすすめです。

現金を確保したい時は、一応はキャッシングという方法もあります。多くの消費者金融では、現金を借りる事はできるでしょう。クレジットカードにも、キャッシング枠はあります。ですがキャッシングという融資商品の場合、手数料は若干高めになってしまう事が多いです。現に多くの消費者金融は、最大金利を18%ぐらいに設定しています。40万円ぐらい借りる時でも、18%ぐらいになる事が多いです。むしろクレジットカード現金化を利用する方が、キャッシングよりも手数料を節約できるケースが多いです。利用金額が低い時は、確かにキャッシングの方が手数料は低めではあります。しかし金額が大きい時は、むしろクレジットカード現金化の方がお得ですから、前向きに検討してみる方が良いでしょう。

Page Top